脱乙女宣言偶像支部飼育編。

時分の花を真の花と知る心が真実の花になほ遠ざかる心なり

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | | - | - | - |
    0
       登場人物 吉後+松藤

      亡骸は純白の花に埋もれて

      あややが今朝方亡くなった。三学期になってから喉の調子を崩し、入院していた。
      吉澤がそのことを知ったのは、ごっちんからだった。
      「みきてぃ、学校休んでた。受験の大切な時期に」
      ごっちんとみきてぃは同じクラスだから情報が早い。
      あややは部活の後輩。だが、みきてぃとあややが一線を踏み越えた組み合わせであることを知っていた。何故なら吉澤とごっちんもそうだから。
      「よっしぃー、うちらはどうする?」
      「そりゃ、葬式には出るでしょ。でもさぁ……」
      二人のことを考えると、顔を合わせづらいと思った。
      誰にだろう。……誰にだろう。頭の中で反芻した。たぶん、ご両親に。
      こんな関係を選んでしまった二人の秘密を知っているから。
      続きを読む >>
      | 22:16 | あやみき | comments(0) | - |